いきなり二重生活

小卒事業主の海外雑記

【完全攻略】悪名高きフィリピンタクシーの乗り方

こんにちはSHOです

 

今回は悪名高きフィリピンタクシーについてご紹介です

アジアでは既に常識と言われる面白不思議タクシーですが、私も色々旅をする中で一番レベルが高いなと感じたのがフィリピンです

そんな悪名高きフィリピンタクシーについてシェアしようと思います

 

 

東南アジアでのタクシー事情

日本に住んでるとタクシーのサービスの質が高いので日本の常識で海外に行くと酷い目にあったりします。

日本に居るとこんな事は想像出来ないと思いますが特に東南アジアでは名物と言っても過言ではないでしょう

東南アジア名物の悪徳タクシーですがもちろんフィリピンでも御健在です

特に英語を話せない日本人はちょうどよいカモ

まずは私が経験した珍タクシーを紹介してみましょう

f:id:hakutravel:20180812080332j:image

 

フィリピンでのタクシーの種類

フィリピンではどの様なタクシーがあるのでしようか?

基本的には下記の4種類ですので状況に応じて使い分けましょう

 

レギュラータクシー

いわゆる一般的なメータータクシーです

初乗り40ペソ(約80円)から使えるタクシーで基本的には一番低価格で利用出来ます

250mにつき3.5ペソ(約7円)追加されます

一般的には一番リーズナブルです!一般的には!一般的的には!笑

車体にタクシー会社が印刷されてる車を選びましょう

 

クーポンタクシー

あらかじめ行き先ごとの料金が決められており

その運賃が記入されたチケットに基づいた料金を支払うシステムのタクシーです

主に空港を支点に運用されてるみたいです

レギュラータクシーよりは割高になりがちではありますが、空港から乗れるタクシーでは一番安全な気がします

 

ホテルタクシー

ホテルと提携してるタクシー会社の車両でホテルで呼んでもらい利用するタクシーです

クーポンタクシーと同じ様に行き先によって運賃が決められてますし空調も完備されてるので快適です

ホテルタクシーを用意しているのは一部の高級ホテルのみではありますがホテル公認である事からハズレくじを引く事はないので利用してるホテルが提携してるようなら積極的に利用しましょう

 

イエロータクシー

名前の通り黄色いボディのタクシーです

初乗り60ペソ(約120円)と少々割高ではありますが、空港が管理してるタクシーなのもあり比較的安全に利用出来るかと思います

 

悪名高きフィリピンタクシー体験談

私が実際に体験したフィリピンタクシーの情報を共有していこうと思います

これ以降がこの記事のメインとなりますので皆様お楽しみ下さい!

 

ぼったくりタクシー

まずは王道のぼったくりタクシー

遭遇率は100%です!みなさんも遭遇された事はあるのでは?

 

ニノイ・アキノ国際空港の到着ロビーを出るとすぐさま親切な(?)おじさんがタクシーに案内してくれます

マカティまで行きたいと伝えると2000ペソ(約4000円)でいいよ!と言ってきましたがマカティまでは350PHP前後+高速代35PHPです

相場を知らないとついつい乗っちゃいそうですよね?

例えば日本の羽田空港に到着してホテルまで4000円ならまぁアリかな?って思っちゃいます

基本的には向こうから寄って来る親切は要注意です

 

改造メータータクシー

これはかなり見逃しがちですが一番対処出来ないタクシーです

遭遇率は10%です!

色々な諸先輩方のアドバイスでタクシーは言い値で乗らずにメーター付きのタクシーを乗りましょう!と声を大にしているのを知ってた私は予習をしてフィリピンに渡航しました

諸先輩方のアドバイス通りメーター付のタクシーに乗車し目的地に向かいました

するととてつもないスピードでメーターが上がり、あっという間に数千ペソ。笑

これに気付いた時にはすでに手遅れで笑うしかありませんでした

 

無駄に遠回りをするタクシー

これも注意してないと気付かないシリーズ

遭遇率は60%です!

ちゃんとしたメーターを搭載したタクシーに乗り込み車を走らせるといつもなら15分で着く距離なのに30分経っても一向に到着しないのでGoogleマップを開いてみました

Googleマップを開いてみると本来のルートとは全く違う道を走行しており、その事をドライバーに伝えると「ごめんね!道間違えちゃったよ!」との事

その後もなんだかんだで遠回りは続き結局1時間程掛かり到着しました

 

番外編

これはかなりレアなケースなので番外編とさせて頂きます

基本的には遭遇しないと思ってて良いです

 

【遭遇率1% シャブ中タクシー】

出先から宿に帰る時に乗ったタクシー

最初はヘラヘラして陽気なおっさんだなくらいしか思ってませんでしたが車が走り出すとどうも様子がおかしいのです

蛇行運転に急ブレーキ、急発進、いきなり笑い出したり声を掛けても反応せずバックミラー越しにみたドライバーは酔っ払いの様に目がすわってました

後ろから叩いて車を停め代金を支払いすぐにおりました

あれは酒じゃない気がしたんですよね

 

【遭遇率3% オカマタクシー】

フィリピンってオカマちゃんがとても多いのです

もちろんドライバーも例外ないので、オカマちゃんがドライバーなんて事は珍しくありません

この日のドライバーも見るからにオカマちゃん

口数が多く凄い話し掛けてくるのですが英語が出来ない私はほとんど会話成立しないのです

聞き取れる単語だけに返答してたのですが

「どこのホテル?」「お酒は好き?」「持って行ってあげようか?」「いつまで滞在するの?」「夜は出かけてる?」等完全に口説かれてるのに気付き宿泊する場所と違うホテルで下車し建物に一旦入り外に出るとまだ居るのです。

怖かったので裏口から逃げ、歩いて目的地に向かいました

 

こんな問題ありのドライバーに遭遇する事もありますのでご注意を!

 

フィリピンタクシーの嗜み方

こんな珍タクシーを経験してきた私が身に付けたフィリピンタクシーの嗜み方を教えたいと思います

 

車を停めたい時は日本と同じ様に手を上げて停めます

基本的にカーナビは付いていないのでGoogleマップを開き画面を見せながら行き先を伝えましょう

〇〇ペソで連れて行くよ!と親切に言ってくれますが、車に乗らずにメーターを動かすように指示をして下さい

タクシーの車体にはタクシー会社の名前と車両番号が記載されてますのでスマホで撮影しておきましょう!これをしておくだけでトラブルの抑制になります

 

車に乗り込んだらまずメーターを動かしてもらいましょう

無事にメーターが動き、車が走り出しても安心してはいけません。Googleマップを開き自身がカーナビとなり案内しましょう

高速道路に乗る場合は言い値を払わずに自分で看板を確認しなるべくピッタリの金額を渡します

目的地に到着したら代金を払うのですが、基本的にお釣りは返ってこないので細かいお金を用意しておきましょう

 

そんな時はGrab TAXI

こんな経験をしてきた私ですが最近はもっぱらGrab TAXIです

【GrabTaxi】Grabの使い方を徹底解析 支払方法や利用方法 - いきなり二重生活

メータータクシーよりは割高にはなりますがクレジット登録を済ませておけば決められた金額以上になる事はないですし

ドライバーもスマホのナビ通りに行ってくれます

 

Grab - Ride Hailing App

Grab - Ride Hailing App

  • Grab.com
  • 旅行
  • 無料