いきなり二重生活

小卒事業主の海外雑記

【My Profile】学歴無し年収150万以下の社会不適合が独立したってよ

2019/3 更新

 

【SHO】

1988年10月3日生 天秤座 Free-Lance

現在は日本とフィリピンを行ったり来たり

旅行好きで自転車で日本一周とかしてました

義務教育を放棄した割烹料理の元板前

何事も本気じゃないと楽しめない社会不適合者

 

 

最終学歴は「小卒」

私の最終学歴は小卒

中学校1年生の1学期が終わる時、校長室へ行き

「校長!俺今日で学校辞めます!」

と宣言して辞めてきたんです

この時私が思っていたのは何十人もの生徒が同じ勉強をして〝みんなとおなじ〟を強要される環境に疑問を抱き

「俺はみんなと同じ生き方なんてしたくないぜ!」

と思った訳です

 

当時は厨二病という言葉も無かったと思いますが

今思うと完全に厨二病の極みです。笑

もちろん義務教育なので学校では大問題

卒業式に出席しないと卒業証書が自宅に郵送されてくるんですが

「俺はお前の生徒じゃないぜ!」

って思った私は学校にすぐさま送り返して大問題

 

要するに結構振り切った問題児だったんですよね

 

10代の頃に自転車で日本一周

私の人生においてかなり大きな転機となるビックイベントなので書いておこうと思う

自転車で日本一周という一見、意味不明な行動なのですがこの時は自分に対して「俺って個性的だせ!」って思ってましたが

大人になって冷静に考えるととんでもない社会不適合者である

 

15歳になると手に職を付け、自分の能力一本で成功出来る業界に入ろう!と思い

地元の寿司屋で料理人として働きはじめました

最初から独立して成功する為に料理人の世界に入ったので一生懸命働き、寝る間も惜しんで勉強をしていました

 

そこの親方がとても良い方で

 

「お前将来店出す為に頑張ってるのも良いが、若いうちに遊んでおかないと将来後悔するぜ。勉強もいいが、たまには遊びに行ったりしろよ」

 

と言ってくれてました。

 

とても素直な私は

〝若い時にしか出来ない事をやろう!〟

と思い立ち、日本を自転車で旅行する事を思い付いたのです。

もちろん親方はそんなつもりで言った訳ではないと思います。

 

道具を揃え、現金10万円だけ握りしめて野宿で日本中を旅をして、お金が尽きたらその地で働くという移動式ホームレスのようなスタイルで旅をしていました

当時は16歳だったので親切な人が自宅に招いてくれて泊めてくれたり地元の美味しい料理屋に連れってくれたりと人の暖かみを感じる事が出来る素晴らしい経験をする事が出来ました

 

日本一周をしていると同じようにバイクやキャンピングカーで日本中を旅してる人と出会います

夏休みの大学生や、仕事を辞めて貯金が尽きるまでの期限付きの旅をしてる人、長年勤めた会社を定年退職し第二の人生を楽しんでる方、数ヶ月バカンスをとってる経営者など色々な方と出会いました。

当時楽しくて楽しくて仕方なかった私は大人になったらまたこのような自由を味わいたいと強く思うようになり、47都道府県を自転車で回ったのち地元に帰り独立を目指して料理人に戻るのです

 

独立して10年目になりました

2009年 都内の有名な某日本料理店で独立を目指して板前をしていた当時20歳のやる気に満ちた若造でした

将来独立して店を出す!と意気込んでた私は給料のみじゃ独立資金を貯められず、転売などで少しでも稼ぎが増えればと思い色々と考え自分なりに行動を起こしてみたりしました

そんな意識高い系の板前さんはある日突然、ひょんな事から自分で事業を始める事になりました

とは言っても当時は副業として今で例えるところの週末起業的な働き方をしてました

 

当時は今ほど副業に対してネガティブなイメージが非常に多く、副業してると友人に言うと「お前金に困ってるのか?」と言われたり

〝本業で稼げない金がないヤツが副業してる〟

というイメージが社会的に強かったような気がしますね

数ヶ月後には板前の月給の3倍以上の収入を得られる様になり1年前の21歳の頃には副業から専業に切り替わりました

好奇心旺盛でに新しいものが好きな私はその間も、色々なビジネスに手を出してみたり何かチャレンジしてみたり落ち着きがないまま10年目を迎えるのです

 

フィリピンで仕事を展開する事がブログを書くきっかけに

23歳の頃、自分の誕生日を海外で過ごしたら格好いいやん!と思い立ち10月の第1週は毎年海外旅行をするようになりました

23歳からの7年間で海外旅行の経験は50回を超えスマホやパソコンのフォルダには旅行の写真が溢れてました。

 

それを眺めていると

「これいつ行った時の写真だっけ?」

「ここのレストラン美味かったけどどこだっけ?」

「このホテル確かプールが最高だったけどなんてホテルだっけ?」

と思い出せない思い出がたくさんあるのがもったいないと思ったのです。

 

これだけならSNSだけでも良かったかもしれませんが自分のビジネスをフィリピンに展開する事になったのがブログを書き出したきっかけになりました

 

義務教育を放棄してる私は英語が全く出来ません

旅行ならノリと気合いと流暢なボディランゲージでコミュニケーションを取る事が出来るので

世界中で困る事はありませんし、必要以上の言葉は使わないのでこちらから人付き合いを避ける事も可能です

ビジネスとなるとそうは行かないので通訳をしてもらう日本語を話せる現地人と知り合う為に積極的に人と関わるようになりました

 

ローカルの友達が出来ると教えて貰えるスポットや遊び場は旅行ガイドには載らないような場所が多かったので記録用として残しておこうと思ったのです。

 

以前自転車で日本一周をした時、日記を付けてましたが、雨に濡れ字が滲んで読み返せなかった事を経験していたので、英語が出来ない小卒の日本人がフィリピンでビジネスを展開するにはなかなか面白い経験が出来るだろうと思いブログを書いてみようと思いました

 

今後ブログでやりたいこと

私はフィリピンではメトロマニラのマカティに滞在しているのですが

メディア等の影響で私がイメージしてたフィリピンとは大きく異なるものでした

かなり旅行としてもマニラは楽しめるスポットがあるし快適に滞在出来る街なのですが

フィリピン関係のブログを眺めるとそのほとんどが日本で定年を迎えフィリピンで年金で移住してる方の日記や、売春宿や夜のスポット情報や体験談のブログがほとんどなのです

それに加えて多くのブログやガイドでは

〝セブは安全だけどマニラは危険〟

と書かれてたりするのをみて、結構日本語の情報は現実とギャップがあると感じました

セカンドライフやナイトスポット以外にも楽しめる街だというのが誰かに伝わりたった1人でも私の記事をみて旅行した人が居たらとても嬉しいなと思います

 

ブログの収益化に関してはあまり深く思うところはありません

下心を出せば利益を出せるに越したことはないのですが、単に自分が楽しんで書いていればいずれ少しでも入ればいいなって感じです

現在ブログを開始して10ヶ月程度ですが月に数千円ですが入金されるようになりました

正直期待してなかったので嬉しい誤算です

 

今はほとんど滞在中の記事が多いのですが

個人的にはフィリピンの専門ブログにするつもりは全くありません

仕事の事や趣味の事、過去の旅行記など今後はフィリピンの記事以外も発信していけたら良いなと思います

 

SNS 

@shogokoma