いきなり二重生活

小卒事業主の海外雑記

【日本人初】地図にも載ってないカリラヤ湖で最高のグランピングをしてきた

こんにちはSHOです

 

若い時からアウトドアが好きで10代の頃から自転車にテントと寝袋を積んで野宿旅をしていたり自転車で日本一周旅行をしたりしていました

キャンプはもっぱらキャンプ場ではなく山籠りスタイルの社会不適合者な少年時代を過ごしました

社会人になりしばらくして独立した頃、いつか海外でキャンプを楽しみたいなぁと夢を見ていたのですが、先日フィリピンのルソン島南部にあるカリラヤ湖の湖畔でキャンプをしてきたのでご紹介しようと思います

 

20代の前半から「自分の誕生日を海外で過ごせたらいいなー」と思い誕生日の週は毎年海外で過ごすのが恒例行事となってました

ここ数年はフィリピンで仕事を始めた関係でフィリピンで過ごしていたのでフィリピンでも友人が増え現地の情報が入る様になったのでフィリピンでキャンプをしてみようと思い付き友人とフィリピンキャンプを企画したのです

 

私も本当に楽しみましていつもより写真多めでお送りします!

 

フィリピンでキャンプの候補地

最初の候補で考えたのはパラワン諸島やルソン島付近の無人島、ラグーナの離れ小島あたり

突発的に思い付いたキャンプだったので問題点は沢山あり、キャンプギアは持ち込むべきか?食料の調達は?そしてルソン島にしか親しい友人が居ないのでルソン島を離れた土地に精通した知人がいなかったので初回はルソン島で楽しめる場所で決行する事にしました。

 

海外での初めてのキャンプなので場所を探す上で意識したのは

  • 日本人が絶対居ない場所(最重要)
  • 食材の確保が目処が付く
  • マニラ市内から車で行ける距離
  • 設備等がそれなりに揃っている(実は優先順位は低め)

海外旅行が初めての友人やキャンプを経験した事ない友人を連れて行くので

今回はこれが条件で探してみました

特に個人的に重要視していたのは日本人が居ない場所

海外旅行という非現実的な経験の中で日本人が居ると正直冷めてしまう性分なのです。笑

 

欧米人の別荘地として人気の幻の湖〝カリラヤ湖〟

マニラから車で4時間ラグナ州のカリラヤにある湖

地図によっては記載されてなかったする幻の湖です

フィリピンの友人の話だと戦後は世界の富豪の別荘地として人気だそうで

ローカルでも知らなかったり行った事が無い人が多いそうです

ネットで調べてみると1000件程しかHitせず湖釣りの穴場という情報しか見つかりませんでした

カリラヤ湖の湖畔にある別荘を借りる事にしたのですがこの辺りには道路がなく湖からは船で向かうというワクワクするスタイル

今回はフィリピンの知人の親戚に14人乗りのミニバスを出してもらいましたがカリラヤ湖に行く方はドライバー付きのレンタカーをおすすめします

行ってみてわかったのですがこの辺りは現地の地図にも記載されてなかったりアプリで調べても詳細地図はGoogleMAP、AppleMAP共に出ず

AppleMAPに関してはカリラヤ湖そのものが表示されない幻の土地

さらに英語も通じず、タガログ語オンリーですのでフィリピン人と一緒に行かないと色々と苦労すると思います

f:id:hakutravel:20190113180728j:image

 

現地での食材調達はサンタクルス市場

ラグナ州の超大型市場であるサンタ・クルス(Santa Cruz)へ

マニラからは車で3時間程なので観光客は私達以外はもちろん居ませんでした

f:id:hakutravel:20190113181024j:image
f:id:hakutravel:20190113181020j:image

こちらもネットで検索してみると全く情報が無い土地

個人的にはこういう場所は不安と好奇心が入り乱れワクワクしてしまいます。笑

この市場では英語は全く通じる英語を話せる日本人の友人は四苦八苦してました

私は元々英語を話せ無いのでノリと勢いで何の問題もなく買い物を楽しめました

こちらではフィリピンのカラバオという品種の牛肉が手に入ると聞いたので購入してみました

カラバオとは日本でいう所の水牛のような牛

かなり筋肉質で脂が少なく田舎では食材としてはポピュラーなようです

f:id:hakutravel:20190113180530j:image

硬くクセがあり日本で食べる牛肉とは全く違う食べ物です

ジビエの様な獣臭もあり個人的には好きですが、牛肉だと思って食べるとダメな人も居るかもしれません

ちなみに一番的な牛肉はタガログ語では バカ(BAKA)と言います

f:id:hakutravel:20190113180926j:image

今回はBBQを滞在中する予定でしたのでバカとカラバオ、ポークとラグナ州の名産であるティラピアという淡水魚を購入しました

ティラピアとはスズキ目カワスズメ科に属する淡水魚でアフリカ原産の暖かい地域に生息する魚です

f:id:hakutravel:20190113180839j:image

日本では沖縄の河川に一部のみ生息する外来種でもあり和名は〝イズミダイ〟と呼ばれています

淡水魚なのにタイと名を持つのはタイに似た味のため日本でも食用として入ってきた歴史があるそうですが水温が低い本州では生きられないようで日本では受け入れられなかったみたいです

そしてフィリピンでは流通などのインフラがまだ弱いので田舎に行くと地産の物は恐ろしい程安く、加工品は首都圏より高かったりします

 

 

カリラヤ湖〝Lake Caliraya〟でのキャンプ

Santa Cruzから地図に無い道を走り数十分

幻の湖Lake Calirayaが見えてきました

しかし地図には道もないので現地の方に聞き込みをしてようやく入り口を見付ける事が出来ました

f:id:hakutravel:20190113181134j:image

湖に着いたらボートに乗り込み湖を渡った所に今回の宿泊地があります

f:id:hakutravel:20190113181216j:image

f:id:hakutravel:20190113181301j:image

f:id:hakutravel:20190113181503j:image

貸し別荘と聞いてましたがリゾートホテルの様にオーナー様が開発しており

太陽光発電に自家浄水というフィリピンとは思えない程、エコでハイテクな施設で驚きました

そして敷地内は完全禁煙。電子タバコのみ喫煙可という徹底ぶり

オーナーが数人のハウスキーパーを雇っており、借りている間はスタッフとして色々と手伝ってくれました

適当なホテルよりサービスもよく、大自然も感じられる場所でキャンプというよりグランピングというような雰囲気です

決してアクセスの良い場所ではないし日本だけではなく現地でもあまり知られてないので私達が日本人で初めてのゲストとの事で手厚くもてなして頂けました

 

宿泊先の写真等

私も今回かなり楽しみまして写真を沢山撮ってたので設備の解説等と共に紹介したいと思います

f:id:hakutravel:20190113182652j:image

ボードで着くのはココ 

こんな素敵なスポットに今まで日本人が来てないと聞いてテンション上がりますよね

上陸する前から私の中ではリピート決定となりました
f:id:hakutravel:20190113182725j:image

ここがダイニングです

開放感抜群で最高のロケーションです

空調はありませんが昼間は風が入り夜は涼しく過ごしやすい空間でした

10人程度で過ごすには贅沢過ぎるほど広い空間

f:id:hakutravel:20190113182657j:image
f:id:hakutravel:20190113182717j:image

こちらはゆっくりくつろげるのですが滞在中は積極的に遊んでいたのでほとんど利用する事はなく少しもったいないなぁと思いました

次回はもう少し長めに滞在したいと思ってます
f:id:hakutravel:20190113182706j:image
f:id:hakutravel:20190113182721j:image

湖畔では夜、お酒を片手に焚き火が出来るこの場所

ここが個人的に借りる決め手になったのです

美味しいブランデーを飲みなら火をいじる時間は素朴ながら贅沢な時間の過ごし方ですよね
f:id:hakutravel:20190113182713j:image
f:id:hakutravel:20190113182730j:image

ここが寝室?になっている建物

12台のベッドがあり最大12人しか泊まれないのですが2019の夏には新しい棟が完成するようで18人まで利用出来る様になるそうです

f:id:hakutravel:20190113190501j:image
f:id:hakutravel:20190113190505j:image

その目の前にはプライベートプール

プールは深めで身長180センチの私が飛び込んでも全く足が底に付かないのでかなり派手に遊べちゃいます
f:id:hakutravel:20190113182644j:image

アクティビティもかなり充実しており

カヤックにパドルボード、水上トランポリン

更には釣りも楽しめるのでファミリーでも楽しめるし大人でも充分にエンジョイする事が出来ました

f:id:hakutravel:20190113184813j:image

キッチンは五徳コンロの他にアメリカンスタイルのBBQグリル

写真を撮り忘れましたがピザ窯もあったので次回は手作りピザにも挑戦してみようと思ってたりします

f:id:hakutravel:20190113185135j:image
f:id:hakutravel:20190113185141j:image

BBQで使う牛肉の処理をして生肉を食べる私

※衛生上よい子は真似しないで下さいね
f:id:hakutravel:20190113182648j:image

フィリピンスタイルのディナー

スタッフが山からバナナの葉を刈ってきてくれました

市場で購入したティラピラと牛肉と豚肉でBBQ

カラマンシー醤油を掛けて手で食べるスタイルです

f:id:hakutravel:20190113190702j:image

夜は焚き火を囲いながらお酒を楽しみました

海外でアウトドアを楽しみたいという長年の夢がひとつ叶いました

時間も気にせず過ごせるこの時間はとても有意義な時間となりました

f:id:hakutravel:20190113191442j:image

湖畔の朝焼け

朝日を観ようと思ったのですが少し方角が違ったようでした

澄んだ空気と朝日の光で鏡のように映った湖はわずかな時間でしたが絶景でした
f:id:hakutravel:20190113191447j:image

朝食はスタッフの方々が作ってくれました

フィリピンの甘辛いソーセージ

日本では味わえない味です
f:id:hakutravel:20190113191437j:image

写真をダラダラの載せてみましたが

写真だけでは伝わりませんが控えめに言って最高でした

 

まとめ

言葉の伝わらない土地でのグランピング

次回は無人島を貸し切る予定でしたが、ロケーションやサービスも期待以上で、すっかり気に入ってしまいましたのでまたこの地には来る事になると思います

日本人が行かなそうな場所を選んだ結果、日本人で初めてこの場所に来れた事がとても光栄ですし

今後ともコアな海外キャンプを楽しみたいなと思ってます

 

みなさんもマニアックな場所に訪れてみてはいかがですか?