いきなり二重生活

小卒事業主の海外雑記

フィリピンとの出会い

はじめましてSHOです

 

ひょんな事からフィリピンに通う事になりせっかく貴重な経験をするのでブログで記録に残そうと思う

 

まずは自己紹介

 

フィリピンではSHOと呼ばれてます

何度自己紹介しても発音が難しいらしくSHOと呼ばれてしまいます

中学校一年生の時に人と同じ事をするのが嫌で登校拒否し自宅で自分のやりたい科目のみを勉強してました

自営業だった父の影響もあり手に職を付けようと寿司屋で修行

寿司屋の親方に「大人になって職人になるなら死ぬまで働くんだから若いうちに精力的に遊びなさい」と言われた事がきっかけで15歳の時に自転車で日本一周を計画

16歳の3月に現金10万円を握り締めて出発

16歳の頃、10万円は世界を変えれるような大金だと思っていたがあっという間に現金はなくなり働きながら47都道府県を周りました

この時の生活が楽しくて楽しくて自由って最高だーと青春を満喫してました

石垣島で働いてた時に一ヶ月間バカンスを取っていた飲食店経営者と出会い料理人を頑張れば自由になれるとわかり地元に帰り再度料理の道へ

料理の仕事をしながら夜間の専門学校に通い実技試験、筆記試験で全生徒一位になりその後都内の日本料理店に就職

21歳で当時最年少で日本料理の専門調理師免許を取得

一生懸命働くも月収11万ではいつになっても開業資金が貯まらない事を痛感し個人事業主として独立して8年目になります

 

仕事も順調でそろそろまた日本一周旅行をしようかと考えていた時に

同じように事業をしてる友人から「フィリピンのマニラが熱い」と熱弁され観光しに渡航

海外は好きで何度も行ってましたがフィリピンには行った事がなく当時のイメージは

  • 日本人の殺害等のニュースが流れ治安が悪い
  • マニラってお金持ちのおじさんが女の子買いに行く場所
  • スラム街で汚そう

なんてネガティブなイメージでした。

 

実際に行ってみるととても気に入り素敵な国だったので二重生活が始まりました

そんな破天荒な青春を送っているSHOのフィリピンでの活動記録をブログに残していきます

https://www.instagram.com/p/BcdHG3yBb05/